健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームに入居するための費用について考えてみたいと思います。
健康型有料老人ホームに入居するのにかかる費用としては、大きく分けて入居時にかかる入居一時金と月々かかってくる月額利用料の二種類があります。


入居一時金は、老人ホームの終身利用権を得るための費用であり、また月額利用料の前払い部分でもあります。老人ホームというのは、利用期間が入所者の死亡までという感じで、期限が非常に予測しづらい契約になるため、長生きをされて入居期間が長くなるリスク(?)は老人ホーム施設側にかかってくると言えます。そのリスクに見合うだけの保険としての意味もあるため、特に健康な入居者を募る健康型有料老人ホームでは入居一時金が高くなる傾向にあります。
ただし、その分、月額利用料については他のタイプの老人ホームと比べても特別に高いということはありません。


介護保険制度ができてからは、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームでも、介護保険サービスを併用することでトータルの負担は減ってきているので差は少なくなってきているとは言えます。健康型有料老人ホームについては、介護保険サービスを利用することができないため、その恩恵はありません。