一般的な住宅と費用を比べたら

著者:sinokawa

一般的な住宅と費用を比べたら

昔は老人ホームと言えば、一人では暮らすのが不安なお年寄りが行くところだというイメージでしたが、現在は高齢化が進んでいるためもあってか、普通にアパートなどで独りで暮らすよりも老人ホームで近くにいる仲間とおしゃべりできたりする方が楽しいし、いざという時も人がいてくれて安心だから、ということで、自分の事は自分でできるという健康なお年寄りでも、健康型有料老人ホームに入居することが増えているようです。

しかし、一般の住宅に入居する場合よりも、最初に支払う入居一時金という費用がかなり高額になるのが老人ホームです。また、一般的な住宅に住むよりも、どうしても月々支払う費用が高くなりますが、それには食事代やお部屋のクリーニング代も含まれていると考えると妥当かもしれません。その中でも健康型有料老人ホームは、介護が必要ない方々のための住居ですので、その分月々の支払額が割安になるようですね。

しかし、いろいろな料金の納入時にも一括割引があるように、老人ホームもそういうことがあるようですので、老人ホームへの入居を考えている人は、最初にできるだけ多くの金額を支払えるように準備しておくと、その後の月々の支出等が楽になるようです。

著者について

sinokawa administrator

コメントを残す