快適に過ごすなら、健康型有料老人ホーム

著者:sinokawa

快適に過ごすなら、健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは、日常生活を過ごすうえで必要なサービスが提供される高齢者住宅のことをいいます。
一般的には60歳以上の方、介護度が自立か、介助が不要な要支援の方を入居対象とする施設です。

毎日を快適に過ごすため、設備やレクレーションも充実しています。図書館や、大きな施設であればプールもあります。また、ダンスや卓球など室内で行える運動から、絵画や陶芸など文化的なレクレーションもあります。施設の送迎者に乗って、買い物へ出掛けたりもします。

食事や洗濯は、サービスに含まれています。各部屋には簡易キッチンもあるので、お料理好きな方は「今日は友達と部屋で夕食」なんてことも可能です。
健康管理については、連携する医療機関があるため、何かあれば相談することができます。また各部屋には、緊急時呼出ボタンが備え付けられています。ボタンを押せば、スタッフが駆けつけてくれるので安心です。そのようなサービスがあれば、ご自身もご家族も安心して過ごせます。

国による規定がないため費用は高額なところが多いですが、施設によって様々なのが現状です。何軒か見学をして、入居後の生活をイメージされるのも、ひとつの方法です。

著者について

sinokawa administrator

コメントを残す