健康型有料老人ホームの費用の内訳

著者:sinokawa

健康型有料老人ホームの費用の内訳

有料老人ホームには「健康型」「住宅型」「介護付き」の3種類があることが知られています。
それぞれのサービス内容や利用者の条件が異なっています。その中でも健康型有料老人ホームは健康な高齢者が利用できる施設です。

健康型有料老人ホームの利用条件は、

・要介護状態ではないこと
・身元引受人がいること
・入居一時金と毎月の費用が払えること

以上の条件を満たした人が対象になっています。

入居時に要介護状態でなければ入居できますが、入居後に介護が必要になれば退去することが条件になっています。

健康型有料老人ホームの費用の内訳では、入居一時金が、100万円~500万円、月額の管理費が10万円+食費5万円~95,000円(食費、管理費を含む)と施設によって入居費用も毎月の費用も異なってきます。

夫婦で入居する場合には、この2倍がかかり、入居形式も終身利用権方式を採用しているところが多いです。

利用権方式とは、入居時に一時金を支払うことでその施設に住む権利と生活支援などのサービスを受ける権利が得られるものです。

終身利用権方式は、その権利を終身、つまり死亡するまで所有することができます。

もし、病気で老人ホームを離れ、病院で長期入院する場合には、入居の権利を有しているので部屋はそのまま残されています。

途中で退去する場合には、入居一時金に関して返還の対象になり、償却期間が設けられている場合があります。

著者について

sinokawa administrator

コメントを残す