カテゴリーアーカイブ 未分類

著者:sinokawa

割り切った探し方が必要

自立の状態から入り介護の状態になっても看てくれる施設もあるが、かなり費用が高い!数千万円という金額は当たり前の世界。一方、介護だけを専門にしている所は数多にあるし、逆に自立だけを扱っている所は少ない。自立だけの所は、困って入居する訳ではないから需要が少ないのは想像つくが、もう少しあっても良さそうである。

分譲型のシニアマンションを探すとなると、全国を見てもそれほど数がない事がわかる。元気なうちに入ろうとする人は、バブルの時代では早期リタイアで余生を優雅にといったコンセプトで熱海に数多く造られたようであるが、現在はそのコンセプトに加え、田舎暮らしだけではなく、都心にてアクティブな方向けといったコンセプトもあるようだ。

食事つき、何かあった時の駆けつけなどが主だったサービスだが、では介護になってからはどうだろうか。過度の期待はどうやら出来なさそうだ。訪問介護事業所が付いているといった所も夜間の対応はしておらず、重度になった場合に必要な体位交換や排泄介助などは対応出来ないからだ。そうした介護が必要な状態になってしまった場合には、やはり介護専用の施設への転居が最も適した答えではないかと思う。

分譲型のシニアマンションも良い面はある。健康で過ごす期間が短い人もいるかもしれないが、それなりの長さを過ごすと考えると、周囲には介護が重い人と一緒に過ごすのはやはり気が重い。その為、周囲にいる人も元気でいて欲しいし、元気をもらいたい。

分譲型のシニアマンションにはそうした良さが一番の魅力ではないだろうか。また、趣味が同じ人がいれば自宅にいて知り合う事がなかったような人との出会いで、自分の人生に張り合いがまた出るのではないだろうか。人見知りな人には向かないかもしれないが、自分から話す勇気がある人であれば、かつ金銭的に余裕があるのであれば、分譲型のシニアマンションは探す価値ありとみた。

著者:sinokawa

食事つきの寮でしかないホームもある

健康型有料老人ホームに入る人が増えてきています
従来は、体が弱ってきて自分で一人で暮らすのは心もとなくなり、今でいうと要支援2級程度の認定レベルの人が入るのが普通でした。
今はそうではなく、食事の世話をきちんとしてくれて、かつアミューズメントが充実しているところに健康な高齢者の人たちが入るようになってきています。
当然、介護認定を受けている人もおられますが、全く受けていない人も入ってられます。
当然、月々のホームへの支払いは高いです。
その人達の話をを聞くと、一概に「健康寿命を延ばしたい、自分のしたいことをしっかりしたい」ということが多いです。
体が高齢化に連れて弱くなるのに、一人で不自由な生活をして健康寿命を短くするのではなくて、規則正しい生活を積極的に送ること、つまり衣食住が適切に進められる環境に自分をおくことで、充実した日々を送りたいというものです。

気を付けなければならないのは、医療機関とのタイアップがそれなりにされているところを選ぶということです。
食事つきの寮でしかないという健康型有料老人ホームもあるにはあり、やがて病に陥った時に対応が後手後手になることがあるので、最初にしっかり確認しておきましょう。

著者:sinokawa

市役所で有料老人ホームを紹介してもらった

私の大伯母が健康型有料老人ホームに入居した時のエピソードです。
大伯母は、私の祖母と住んでいました。
大伯母は祖母より年上なのに元気で、自分どころか祖母の分の家事や食事までを作ったりとかなり動く方でした。
ただ、祖母が亡くなったことで事情は変わります。

祖母が生きてる時なら料理とかも自分で作ってたのですが、大伯母一人だけだと料理を作る気にもならない。
買い物に行くのも億劫にと段々動かないように。
私は出来るだけ買い物等をして手助けをしてたんですが、これがダメでした。
祖母生存中は祖母と大伯母の二人分の家事をしてました。これが体を鍛えてくれてたんです。
しかし祖母がなくなり、あまり出歩かなくなった大伯母は一気に体が弱ったんです。
祖母の面倒を見てもらっていたとはいえ私も自分の生活がありますし、大伯母の面倒を見るなんて事は出来ません。
そこで相談して市役所で介護施設を紹介してもらうことにしました。

ただ市役所ではたらい回しにされましたね。
介護課のような所に行けば、ここは違うからどこそこで話を聞いて欲しい。
言われた所へ行くと、ここではない等。
窓口まで行ってすぐこのように言われるのならいいんですが、20~30分待ってやっと担当の人と話が出来ると思ったらこんな感じでしたから。正直ウンザリしました。
なんとか紹介してもらう手続きを終え、それから三ヶ月後に自立支援型老人ホームが空きましたけど?と連絡を受けました。
本当はもっとかかるものなんでしょうが、大伯母には息子や孫がいません。
私にとって大伯母は4親等ですので、面倒を見る義務はありません。
こういう事情があったので、申し込み後すぐに案内してもらえたんだと思います。

各都道府県や市区町村では、ホームページ上で老人ホームの一覧ページを掲示しているところもあります。
紹介してもらった老人ホームは介護等はなく、自立支援型というものでした。
施設内でスタッフが食事を作って提供してくれるものの、洗濯・掃除・買出しは入居者自身でするというもの。
食事を自分で作るのが大変になってた大伯母には丁度良かったと思います。
家事すべてを他人任せにしてしまったら、さらに大伯母は弱ってたでしょうから。
自分で出来る事は自分でする。これが健康の秘訣であり、健康型有料老人ホームは健康寿命を延ばす事の出来る老人ホームだなって感じました。

著者:sinokawa

元気な時に便利な健康型有料老人ホーム

先日友人(40代)の父親が「健康型有料老人ホーム」に入居したという話を聞きました。
母親が急病で亡くなり、父親は家事が全く出来ない人で既に70代なので同居する必要があるかな?と考えていたところ、父親が自分でさっさと入居を決めてきた…ということでした。
健康型有料老人ホームは食事等、日常生活に必要なサービスがついた高齢者向けの住宅です
基本的には介護認定のない自立した人、または要支援状態の人のみが入居できる施設なので、入居者の生活は基本出入りも自由となっていて、中には仕事をされている人もいるようです。
食事は3食の提供がありますが、それも希望制で、朝だけや朝夕だけなどという頼み方も可能で、期日までならキャンセルすることもできるようです。
他のサービスは清掃や洗濯で、外出する時などに頼むことができるそうです。
そのため、ホテルに泊まっているような感覚で日々快適に過ごせているということです。
友人も父親がきちんと食べているか…、ゴミ屋敷になっているのではないか…と心配しなくて良いので助かったと言っています。
デメリットとしては、介護が必要となった場合には住みつづけられない可能性があるので、少し心配な面もあります。
ただ元気なうちは、自由に便利なサービスだけを利用できる健康型有料老人ホームは、まだ70代ではメリット面が大きいのではないかと感じました。

著者:sinokawa

健康型老人ホームは、寿命が延びるように思えるので良いです。

元気な老人のうちから健康型老人ホームに入ることも、第二の人生として楽しいこともあります。
食事から洗濯まで依頼することもできます。
「あまり何でも、してもらっているとボケちゃうかな」と心配もしており、本人にはこのことを伝えてあります。
この結果として、本人は半分くらい自分でしていると言いますが、朝食と夕食だけは作ってもらっているようです。
さらに心配になった私は、「昼ご飯を自分で作るのはよいことだけど、作ることをやめちゃったらしっかりスタッフに昼ごはんの調理も頼んでおいてね」とも伝えてあります。
このタイプの老人ホームは、娯楽施設やトレーニングジムまであり、資産が残る分譲型の高齢者マンションです。極楽なだけだと思わなくなったのは、家事などを無理にすることもなく、好きなことを必要な範囲でしていれば寿命も延びるだろうと思えてきたからです。
要介護も軽度のところまでとなっているので、要介護になったら適切な老人ホームに入れるように今から調べています。

著者:sinokawa

健康型有料老人ホームの費用の内訳

有料老人ホームには「健康型」「住宅型」「介護付き」の3種類があることが知られています。
それぞれのサービス内容や利用者の条件が異なっています。その中でも健康型有料老人ホームは健康な高齢者が利用できる施設です。

健康型有料老人ホームの利用条件は、

・要介護状態ではないこと
・身元引受人がいること
・入居一時金と毎月の費用が払えること

以上の条件を満たした人が対象になっています。
入居時に要介護状態でなければ入居できますが、入居後に介護が必要になれば退去することが条件になっています。

健康型有料老人ホームの費用の内訳では、入居一時金が、100万円~500万円、月額の管理費が10万円+食費5万円~95,000円(食費、管理費を含む)と施設によって入居費用も毎月の費用も異なってきます。

夫婦で入居する場合には、この2倍がかかり、入居形式も利用権方式を採用しているところが多いです。

利用権方式とは、入居時に一時金を支払うことでその施設に住む権利と生活支援などのサービスを受ける権利が得られるものです。

終身利用権方式は、その権利を終身、つまり死亡するまで所有することができます。

もし、病気で老人ホームを離れ、病院で長期入院する場合には、入居の権利を有しているので部屋はそのまま残されています。

途中で退去する場合には、入居一時金に関して返還の対象になり、償却期間が設けられている場合があります。

著者:sinokawa

健康型有料老人ホームの難点

健康型有料老人ホームには、「一人暮らしの不安がなくなる」「家族を安心させられる」などいろいろな利点がありますが、一方でいくつかの難点もあります。
一つ目は、「身体機能が低下してくると、不便なことが多くなる」。
健康型有料老人ホームは、確かに健康な状態であれば楽しく生活することができます。
しかし、病気やケガなどで体調が悪くなり、要介護状態などになってしまったときは厄介です。
要介護状態になったとしても、軽度なら外部の介護サービスを利用するなどの対応が可能ですが、さらに心身の機能が低下して重度にまでなると、特養などへの住み替えを検討する必要が出てきます。
二つ目は、「施設の数が少ない」。
健康型有料老人ホームは、有料老人ホーム全体に占める割合は1%といわれています
ですから、お住まいの地域によっては近くに施設がないという可能性も高いのです。
ただし、入居一時金が高めに設定されているので、競争率自体はさほど高くありません。

著者:sinokawa

健康型有料老人ホームの特徴的なこと

老人ホームにも色々と種類があるのですが、その一つとして健康型有料老人ホームというのがあります。
食事などの日常生活に、必須なサービスがついているような高齢者向けの住宅ということになります。
老人ホームということになっていますが、基本的には介護認定なしとか要支援程度の人が入ることになります。
認知症などの重い症状の場合、退去しないといけないということになっています。
ちなみにそういうサービスを提供しているところがないわけではないのですが、実際問題としてはそんなに数が多いわけではありませんので、探し出すということにはそれなりに苦労もあるでしょう。
ネットで探せばいくらでも見つけられるかもしれませんが、家の近くかどうかということになりますので、さすがに難しい部分も多いです。
そして、普通に家を借りるようなものと同じなので、結構な金額になるわけでもあります。
がっつりとした老人ホームに入るほどではないが支援は欲しいというような人向けといえます。

著者:sinokawa

健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームとは、介護の必要がない生活の自立ができる高齢者のための施設。元気な方がシニアライフを楽しむことを目的として作られている施設で、露店風呂やトレーニングジムなどが充実しています。「家事が面倒で」「万が一のときに独りでは不安」といった人たちの家具などが付いたサービスアパートメントです。そのため、介護が必要になったら退去する必要があります。

介護施設としてではなく、あくまでも健康な高齢者の人たちのための住まいで、食事などのサービスが提供されます。日本ではまだ全国的にはごく少ないもので、高齢化が進み要介護者が急増する日本での需要は少ないといえます。健康型有料老人ホームへの入居を希望するときには、シルバーマンションや高齢者向け分譲マンションなども検討してみるとよいでしょう。

その費用としては、入居するときに必要な入居一時金と月額利用料があります。入居一時金に関しては、介護型有料老人ホーム、住宅型有料老人ホームなどよりも高額に設定されているところが多いです。

入居の基準は「自立した生活ができる高齢者」で、年齢的には60歳以上としているところがほとんどです。健康型有料老人ホームのメリットは、加齢とともに心身の機能が低下してくるときに、ひとり暮らしの不安を解消できるところにあります

著者:sinokawa

健康維持用施設のある老人ホームが魅力!

健康維持のための設備が充実しているのが、健康型有料老人ホームです。
私の場合には月額費用が25万円ですが、選定段階でみると10万円から40万円くらいまであるようです。
入居時には、初期費用として300万円ほどを支払っています。
もっと高いところもありましたが、このくらいの金額にしておこうと思ていました。
軽度の要介護まで入居していられるのですが、次を探すことがあるので、現在でも少しずつ資料などを取り寄せています。
とにかく資料がないと「施設にこれが足りない」となってからでは大変ですので、資料請求だけは早くから始めています。
老人ホームを紹介してくれるセンターでは、パンフレットを無料で送ってくれるところもあります
痴ほう症になってきてもいられないようです。
それでも、介護サービス付き高齢者住宅よりも、老人ホームのほうが24時間の生活を考えると安心できるので、健康型有料老人ホームを選びました。
介護サービス付き高齢者住宅の場合には、自分の居住空間とスタッフの施設が別であり独立して生活していますので、夜に何か緊急な事態があった時には分かりにくいとも思ったからです。